1999年 埼玉県議会議員選挙 南3区(浦和市)・選挙公報

山口節生

あちこちの選挙に立候補されておられる、山口節生先生。

山口節生先生のホームページで東京都知事選に立候補されるとのことが書いてありましたが、気が変わられたのでしょうか?

地元・埼玉県浦和市の選挙区から埼玉県議会議員選挙に立候補されました。

今回の選挙での敗戦のリベンジは来年の埼玉知事選です。楽しみです!

景気が奈落の底に落ち込んでいく

自由民主党に景気を回復させられる理論家がいない。○緊急融資及び無利子貸し付けを拡大します。○所得の目減りを無くします。全体経済を先に回復させます。

貯蓄を投資に等しくすると言う経済の心臓部分が壊れているので、日本の経済は瀕死の状態で更に悪くなっています。経済の構造が分からないと更に悪くなります。

あの一番注目されている住民派の山口節生ももう四十九才となりました。これで自由民主党に入ろうと思います。自由と民主主義を追求します。書物出版済。

 

景気対策は山口節生におまかせを。一生懸命に勉強して必ず景気の回復を行います。

一橋大学商学部卒業 如水会員

東京大学経済学部経済学科卒業

早稲田大学大学院 政治学研究科政治学専攻 政治学修士

日本大学大学院 法学研究科 政治学専攻博士後期課程

中央大学法律学部夜間部卒業

放送大学 発達と教育専攻 教養学部 精神分析(優)取得済他単位習得中。慶応大学等で英語教員の免許、社会科、商業科の高等学校の教諭の免許で英語と商業の教員の経験がある。三菱信託銀行 本店 大阪支店の勤務の経験で大都市の研究を行った経験がある。

工業高校の英語の教員の経験

商業高校の商業の教員の経験がある。

かっての大隈重信が財政に大鉈をふるったように大胆な財政の転換が必要である。これを出来るのは、経済学と政治学との両方を研究してきた山口以外には考えられないでしょう(町の意見)(一般的な意見でしょう。この声が日増しに大きくなっています。)

 

抗争に明け暮れ何故景気が悪いか理解している政治家はいない。

早く節生を議員にしないと景気は良くならない。

参議院選挙以来ずっと高砂の事務所で県庁を見てきました。国会事務所も持ち続けています。乞来客。節生の名前の由来は漢節を持すの諺から。節を曲げません。今こそ節おを。

四年前にすでにデフレスパイラルを預言し、その解決策を提示した東京都知事選挙選挙公報。しかし県議に通れば埼玉県知事選挙も他の選挙にも出馬せずに地道に県会議員の活動を行います。ただ請われた場合にのみ出馬します。

日本共産党は服罪を

共産党の暴行を受けた。県議の松下裕はそれでも警察に出頭致しません。服罪せよ。調書は一メートルになる。器物損壊はしたのだから。検察審査会に持ち込む。

 

共産、社民強しの大ボラ。自民、民主も弱い。景気はどうなる。

日本社会党の時代は終了した。社会民主党ではさらに悪くなる。民主党にも活力が必要です。

 

東京都知事選挙は同窓で会って話したことのある石原を応援中。石原同様、山口で浦和を明るくしよう。

 

http://members.aol.com/user481897/の山口節生のホームページは三千六百名のアクセスで有名です。山口は政治を建直します。

 

中央南西部を主に浦和市全域の代表に

浦和南部及武蔵浦和、東浦和、西浦和、中浦和地域は新興住宅地の多い地域。浦和全部に共通する問題が多い。浦和全域の代表に。

新興住宅地全体に公園や、公共施設が足りません。娘息子の二人を持つ父親として努力します。県の五カ年計画にそって達成します。

升添要一、鳩山と同年令の山口です。若さに期待して下さい。一応NHK等の録音はしました。

 

三市早期合併後・四市一町に拡大すべき。議員失業エゴを無くし住民利益を大切に。

合併後も浦和市に県庁は残します。一橋大商卒後、元商業と英語の先生であり浦和市の商工業を守ります。

石内/松永と相川の市長選の対立はみっともない。合併して広域行政は時代の流れ。住民投票として県会議員選挙も位置付けよう。大所高所からものを言います。

地方交付税が多くなり待望の公園や施設や特別養護施設などが作りやすくなるなど、多くのメリットがあり、自治省も推奨しているので市民のために賛成である。

 

松永か浜田かの保守体制に従う決意を固める

どちらにつくかは保守二体制のうち景気回復をできるのがどちらであるかによる。

 

博愛、雇用、福祉・環境も政策のテーマ。

六歳と二才の娘息子の父親として児童福祉、高齢福祉に尽力します。娘は沼影小学校。浦和市沼影二丁目三番十一号の新興住宅に住む。

三百メートル先の曲本の新興住宅地に父母が住む。保健婦の妻と、看護婦の母に囲まれてダイオキシン条例の制定や、見沼たんぼの保存など住民の発想で頑張ります。

情報公開、地方分権、教育、都市計画、福祉、雇用等東京都の生活都市東京五ケ年計画と、埼玉県の長期五カ年計画を比較し、及、共産党と社会党のビラの比較をインターネットに載せています。是非御覧ください。


政見マニアック
INDEX

inserted by FC2 system